「東京音楽大学 日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成事業 2020年度 伝統×現代」の基礎講座のアーカイブを再公開します。

「伝統×現代」を軸にした各種講義により、日本とアジアの音楽・芸能について伝統の枠を超えた現代的な「公演」形態、多様な運営体制、現代的な創作・演奏例について学べます。

基礎講座

1.現代舞台講座

文化施設における現代的な演出・舞台技術やプログラムの展開を学びます。

  • 1.伝統を踏まえた邦楽公演の新しい見せ方

    町田龍一

    公益財団法人 日本製鉄文化財団(紀尾井ホール)前常務理事

  • 2.公立ホールにおける邦楽公演の実例

    本田恵介

    公益財団法人 熊本県立劇場 理事/参与

  • 3.地域に根差す劇場の伝統芸能支援~継承と創造~

    木原義博

    島根県芸術文化センター「グラントワ」いわみ芸術劇場 館長

2.現代運営講座

現代社会において求められる機能を理解し、それに即した多様な運営体制の構築を学びます。

  • 1.創造的な復興と地域フェスティバルの設計図~現代の視点で芸能の魅力を引き出すために~

    坂田雄平

    宮古市民文化会館 館長補佐/プロデューサー

  • 2.文化をつなぐ博物館~墓場からステージへ~ 浜松市楽器博物館の実践

    嶋和彦

    浜松市楽器博物館 前館長

  • 3.「舞台公演」と著作権についてー実演家の権利を中心にー

    君塚陽介

    公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会実演家著作隣接権センター(CPRA) 著作隣接権総合研究所 法制広報部

3.創作表現講座

伝統音楽を素材にした現代的な創作や演奏の事例や技法について学びます。

  • 1.ジャワガムラン創作~現地・海外・東京の事例紹介~

    樋口なみ

    ガムラン奏者・東京音楽大学講師

  • 2.能と現代音楽

    青木涼子

    能声楽家

  • 3.箏によるさまざまな音楽活動~アウトリーチや洋楽器とのコラボレーションを通して

    片岡リサ

    箏奏者・大阪音楽大学特任准教授

講師の方々の略歴などは、こちら

リンク集

全国公立文化施設自主事業データベース

2021年度「日本とアジアの伝統音楽・ 芸能のためのアートマネジメント人材育成 ~伝統×地域」で行った「公立文化施設の自主事業調査」の結果の一部をご紹介しています。

日本各地の公立文化施設からのアンケート回答を元に、日本とアジアの伝統音楽・ 芸能に関する近年の事業実施状況をデータ化したものです(非公開希望事項除く)。

地域名タブをクリックすると、都道府県のデータに移動できます。施設名は、Unicodeのコード順で示しています。また、ブラウザの検索機能を使うと、任意の文字列で検索できます。

凡例

地域
事業で扱われた伝統音楽・芸能の主な奏演地域
複数の地域がかかわる場合は、国際(地域名)など。
事業名
実施事業名
事業内容概要
実施事業の説明など
事業タイプ(買取/制作)
実施事業が、買い取った企画か自主制作企画かを示す。
事業の内容
公演、ワークショップ、講座、展示など
事業開始・終了年
当該事業の開始・終了年
/
アンケート回答が空欄の場合
**
TCM-JAMによるデータ公開準備中
  • フリーワード検索
  • 都道府県選択
  • 開催日選択
  • 事業タイプ選択
  • 事業内容選択
  • 施設名:遠野市民センター
  • 事業名:
  • 事業内容:
  • 会場住所:岩手県遠野市新町1-10
  • 開催日:
  • 開催時刻:
  • お問い合わせ先URL:
  • 施設名:群馬音楽センター
  • 事業名:
  • 事業内容:
  • 会場住所:高崎市高松町28番地2
  • 開催日:
  • 開催時刻:
  • お問い合わせ先URL:
  • 施設名:仙台市太白区文化センター
  • 事業名:
  • 事業内容:
  • 会場住所:宮城県仙台市太白区長町5-3-2
  • 開催日:
  • 開催時刻:
  • お問い合わせ先URL:

参考文献